PDEA:一般社団法人 パワーデバイス・イネーブリング協会

一般社団法人 パワーデバイス・イネーブリング協会

トップページ > パワーデバイスセミナー

パワーデバイスセミナー

セミナー

2017.12.6
第14回
(東京)
次世代パワーデバイスの有力候補を斬る
注目の酸化ガリウム&ダイヤモンドの最新開発動向
2017.10.27
第13回
(大阪)
SiC搭載における冷却設備および熱対策
2017.6.9
第12回
(大阪)
SiCの量産がみえてきた~量産化を加速する最新技術が登場、車載など先端分野を睨む「未来形」が明らかに~
2016.12.6
第11回
(東京)
SiCパワーデバイス開発の進展と燃料電池自動車への期待
2016.7.8
第10回
(福岡)
SiCパワー実用化に向けての高度信頼性 ~宇宙・航空ビジネスへの展開も踏まえて~
2016.4.20
第9回
(名古屋)
いよいよ見えてきたSiCパワー デバイスの実用化
2015.12.2
第8回
(東京)
SiCの新アプリケーションを探る ~加速器に見る医療分野への展開~
2015.5.22
第7回
(福岡)
次世代パワーの搭載システムの実用化
2014.12.10
第6回
(東京)
SiCパワーデバイス実用化に向けての課題を探る
2014.6.13
第5回
(大阪)
技術で勝ち、ビジネスでも勝つためにSiCパワーデバイスの最新動向と標準化対策
2013.11.1
第4回
(神奈川)
ここまできた!! SiC/GaNパワーデバイス
2013.5.16
第3回
(福岡)
SiCパワーデバイスが挑むアプリ展開
2013.3.15
第2回
(名古屋)
パワーデバイスの要求品質と信頼性確保のあり方
2012.10.10
第1回
(大阪)
パワーデバイス・イネーブリング協会発足記念セミナー

PDEAパワーデバイスセミナーとは

環境技術の進化を支えるキーデバイス当協会では、パワーデバイスの信頼性や品質に関する評価技術、評価方法、装置等の規格化・標準化を目的に活動しています。

日本の製造業は、HV・EVそしてパワーデバイスの分野で世界最高の技術レベルを有しており、エンドユーザーの安心・安全を実現する為の規格化、標準化を主導、先導して行く必要があります。

特に品質、信頼性については、高水準でのデバイスが要求されています。

信頼性の高い新デバイスの開発には周辺技術である、材料、パッケージ、モジュール、システム開発に加え実装技術、評価・解析技術などの一体化した発展が望まれます。

そのような背景から、産学官の協力を得て、広くパワーデバイスやモジュールのユーザ、デバイスやモジュール、材料メーカ、実装、評価・解析の装置メーカやサービスプロバイダーなどが情報交換できる場として、セミナーを開催しています。

高信頼性を実現するための標準化、つまり、仕様の標準化ではなく、品質を担保するための測定項目、条件、精度等を関係する皆さんで作り上げていけるために、当協会の主催するセミナーにご参加頂きたいと思います。

セミナー受付管理システム

ページの上部へ