PDEA:一般社団法人 パワーデバイス・イネーブリング協会

一般社団法人 パワーデバイス・イネーブリング協会

トップページ > PDEAパワーデバイスセミナー > 第7回 PDEAパワーデバイスセミナー

第7回 PDEAパワーデバイスセミナー

次世代パワー搭載システムの実用化 ~その信頼性確保のために~

最終更新日 2015年4月15日
パワーデバイス・イネーブリング協会事務局

セミナー概要

車載、電鉄、パワコンなど巨大マーケットを対象に、次世代パワーデバイス導入に向けての動きが加速されてきました。この動きと呼応し、パワーデバイス・イネーブリング協会(PDEA)では、そのアプリケーション動向やデバイス&モジュールの開発動向などに関し、様々な角度から現状を検証してきました。SiCやGaNなど、次世代パワー実用化に向けての機運が高まる今日、そろそろシステム機器から見た、その信頼性に目を向ける時が来たのではないかと思われます。
そこで、今回のPDEAセミナーは「次世代パワー搭載システム実用化 ~その信頼性確保のために~」と題し、講演とパネルディスカッションで構成しました。実用化を前提に、システム機器、サプライヤー、規格化の視点から、信頼性確保に向けての動向を探っていきます。ぜひ、同セミナーにご参加いただき、御社ビジネス戦略構築のための要素情報としてお役立てください。

開催日程 2015年5月22日(金) 
13:00~18:50
開催会場 電気ビル共創館 3F カンファレンスA
(福岡市中央区渡辺通2-1-82)
※交通アクセスはリンク先の最下部にございます。
主催 一般社団法人 パワーデバイス・イネーブリング協会 (PDEA)
協賛 株式会社アドバンテスト
東京大学VDEC
特別協力 株式会社産業タイムズ社
後援 九州経済産業局
九州経済調査協会
九州半導体・エレクトロニクスイノベーション協議会(SIIQ)
問い合わせ先/
事務局
一般社団法人パワーデバイス・イネーブリング協会
株式会社アドバンテスト内 
E-mail:seminar@pdea.jp
定員 100名
参加費 8,000円+消費税/1名
(テキスト代、名刺交換会費含む)
(参加費はお振込みをお願いいたします(後日可))
注意事項 プログラムは変更になる場合があります。最新情報をホームページでご確認いただきますようお願い致します。万一、申込者多数の場合には、お申し込みをお断りさせて頂く場合がございます。ご了承の上、お申し込みください。
会場内での撮影・録音は、当協会から許可された方を除き、固くお断りいたします。発見した場合には、メディアの処分等の然るべき措置を取らせていただきますので、ご了承いただけますようお願い致します。
セミナー受付管理システム

セミナープログラム

※ 講演者・講演タイトルは都合により変更する場合があります。ご了承下さい。

講演 パッケージングと信頼性13:00 ~ 13:50
講師 NEC SCHOTT コンポーネンツ㈱ GTMS部オートモーティブ・センサーグループ 奥野 晃
概要 NEC SCHOTTコンポーネンツ(株)では、長年ガラスを絶縁体とした金属パッケージの開発・設計・販売行っております。 その蓄積技術をベースとして、現在SiCパワーデバイス用のパッケージの開発を進めている。 要求特性として、高耐熱性、高気密性、高放熱性、高電流対応に注目して取り組んでいる状況について紹介する。
講演 パワーデバイス長期信頼性確保のための規格化13:50 ~ 14:40
講師 富士電機株式会社 電子デバイス事業本部 生産統括部 品質保証部 山口 浩二
概要 車載用パワーデバイスの故障は、車両停止や最悪人命を危険にさらす恐れがあることから、一般民生用途に比べて高品質・高信頼性が求められる。 JEITAではパワーデバイスの信頼性試験規格について標準化を行っている。 パワーデバイス特有の故障メカニズムや信頼性試験技術について紹介し、認定ガイドラインや国際標準化の最新動向について詳細解説する。
PDEAの紹介と半導体テスト技術者検定3級のご案内14:40 ~ 14:50
一般社団法人パワーデバイス・イネーブリング協会 江越 広弥

ブレイク (14:50 ~ 15:00)

講演 GaNパワーデバイス搭載パワコンの実力と期待15:00 ~ 15:50
講師 株式会社安川電機 技術開発本部 開発研究所 パワーエレクトロニクス技術部 樋口 雅人
概要 当社ではパワーデバイスとその周辺技術の進化による電気機器、及びそれを搭載する機械システムの革新を推進する「メカトロパラダイムシフト」を提唱し ワイドギャップ半導体を積極的に適用したパワーデバイス駆動回路や周辺技術の開発に取組んでいる。 その一例として、GaN(ガリウムナイトライド)パワーデバイスを用い開発した電力変換装置「PVパワーコンディショナー」について、 高効率・小型化を実現した検証事例とGaNパワーデバイスへの要求と期待を紹介する。

ブレイク(15:50 ~ 16:00)

パネルディスカッション 次世代パワー搭載システムの実用化 ~その信頼性確保のために~16:00 ~ 17:30
司会 山本 秀和氏(千葉工業大学 工学部 電気電子情報工学科 教授)
パネラー 樋口 雅人(株式会社安川電機)
山口 浩二(富士電機株式会社)
杉江 隆一(東レリサーチセンター 構造化学研究部)
名刺交換会 17:40 ~ 18:50
セミナー受付管理システム

ページの上部へ