PDEA:一般社団法人 パワーデバイス・イネーブリング協会

一般社団法人 パワーデバイス・イネーブリング協会

トップページ > PDEAとは

PDEAとは

ご挨拶

一般社団法人パワーデバイス・イネーブリング協会 代表理事 津久井 幸一

当協会はこれまでパワーデバイス研究会、任意団体としてパワーデバイス・イネーブリング協会と、その活動範囲を徐々に広めてきましたが、2013年4月から一般社団法人化され、その活動をより一層参加者皆様のお役に立てられる組織となってきました。

新興国を中心に目覚しい経済発展を遂げるなかで、健全な発展の条件の1つとして省エネルギーを世界中で実現していく必要があります。それはすなわち、安心・安全で効率的な電力制御技術の実現、普及です。そのためには今後より高効率で信頼性の高いパワーデバイスの需要がますます高まっていくものと思われます。

その筆頭が自動車です。自動車市場はかつてないほどの変革期にあり、「CASE(Connected Autonomous SharedElectric)」という言葉が出るほど、様々な変化が押し寄せています。

内燃機関自動車ではパワーデバイスの搭載量はそれほど大きくありませんが、ハイブリッド車(HEV)やEVなど電動車両ではその搭載量・金額が一気に跳ね上がり、大きな市場を形成することは間違いありません。2017年を境にEVへの「ヒト・モノ・カネ」のリソース投入が世界規模で進行しており、モーター制御による車載アプリケーションが一気に増えてくることになるでしょう。

また、民生家電の分野でもパワーデバイスの需要が持ち上がりを見せています。とりわけ、エアコンや冷蔵庫などでは、インバーター化が中国などの新興国を中心に急速に進展しています。これによりファンモーターやコンプレッサー向けのパワーデバイス、パワーモジュールの需要が増えています。

工場の自動化、省人化が進んでいる産業機器分野もパワーデバイスの需要を支えている分野です。近年は中国などの新興国でも人件費の高騰に伴い、工作機械やFAロボットの導入意欲が増しています。

日本はかねてから、高品質・高性能なパワーデバイスを作り上げ、上手に使いこなしてきました。ディスクリートデバイスはもちろんのこと、モジュール分野では世界をリードする立場にあります。また、SiCなどでもデバイス分野に加え、装置・材料分野でも有力サプライヤーが数多くあり、パワーデバイス分野における裾野の広さは世界屈指といえます。

ユーザーからセット、モジュール、デバイス、材料、製造装置、テスターなどに至るあらゆる業種の専門性が高い次元で結実した成果であると言えますし、高信頼性を社会が要求し、それにしっかり産学官が応えてきた好循環があるともいえます。こうした高信頼性、安心・安全を支える技術に長けた良さを今後互いに引き出しあうことができれば、省エネルギー社会のさらなる進展が実現できると思います。

当協会はこれまで何度も産官学にまたがったメンバー、さらにはモジュールのユーザー、モジュールメーカー、装置メーカー、材料メーカーの参加を得て様々な勉強を含めた情報交換の場として機能してきました。こういう場が広がっていくことは上述のような観点からも大変意義のあることかと存じます。

当協会では毎年定期的に開催している「パワーデバイスセミナー」に加え、半導体テスト技術者検定などを通じて、パワーデバイスをはじめとする半導体業界の一層の充実に貢献できればと考えております。より多くの皆様にご参加いただき、お引き回しいただけますようお願い申し上げます。

活動内容

技術委員会について

パワーデバイスの信頼性や品質に関する評価技術、評価方法、装置等の規格化・標準化を目的とし、会員各位の技術を共有・協議します。標準化、規格化に関する分科会を設定し、座長のもと定期的に会合を開催いたします。分科会の横の連携を図るため、必要に応じ連絡会を設置し、方針等についての確認や議論等を行います。

検定委員会について

半導体テストに従事する技術者、及びこれから従事する方々の知識・技術の向上を支援し、習熟度を客観的に評価するため、半導体テスト技術者検定試験を実施します。また、その検定試験に関わる書籍の発刊も行います。

広報委員会について

パワーデバイスの信頼性や品質に関する技術情報を広く発信・議論することを目的としています。産学官の各ステークホルダーの有識者から幅広い知見を講義していただくセミナー等を開催したり、パワーデバイスに関する技術情報、市場向、会員の研究紹介等、協会の活動内容をご紹介する会報誌の発行を行います。詳細は、協会のホームページ等でご案内します。

セミナーについて

パワーデバイスの信頼性や品質に関する技術情報を広く発信・議論することを目的とし、産学官の各ステークホルダーの有識者から幅広い知見を講義していただきます。詳細は、協会のホームページ等でご案内します。

会報誌の発行について

パワーデバイスに関する技術情報、市場動向、会員の研究紹介等、協会の活動内容をご紹介します。年2回以上の発行を予定しています。

組織図

組織図

沿革

2010年
10月01日
パワーデバイス研究会 発足
2012年
10月01日
パワーデバイス・イネーブリング協会 発足
理事長 吉田 芳明 就任
2013年
04月01日
一般社団法人パワーデバイス・イネーブリング協会 発足総会
代表理事 宮田 博司 就任
2015年
06月04日
第2期定期社員総会
代表理事 吉田 芳明 就任
2017年
06月15日
第4期定期社員総会
代表理事 津久井 幸一 就任

役員

代表理事 津久井 幸一 株式会社アドバンテスト
理事 多喜 義彦 システム・インテグレーション株式会社
理事 山本 真一 株式会社テセック
理事 山本 秀和 千葉工業大学
監事 渡辺 伸行 TMI総合法律事務所
事務局長 織笠 樹 株式会社アドバンテスト

ミッション

環境技術への関心が世界規模で高まるなか、電気自動車や次世代電力網の中核技術であるパワーデバイスのマーケットが拡大しています。このパワーデバイスの品質・信頼性向上と搭載機器の普及促進に向けて、パワーデバイスの技術規格・品質検査手法の標準化を業界・公的機関に提案するために「パワーデバイス・イネーブリング協会」が設立されました。標準規格の策定はもちろん、検査技術のレベルアップに向けたエンジニア検定制度の導入などに取り組んでいます。

環境技術の進化を支えるキーデバイス

環境技術の進化を支えるキーデバイス地球環境問題や資源エネルギー問題が深刻化するなかで、現在、ハイブリッド車 (HV)、電気自動車 (EV) などのエコカーや、スマートハウス/スマートシティといった次世代の電力供給網に関する市場が大きく成長しつつあります。これら自動車や電力エネルギー分野における中核技術の一つが、電力の変換や制御などを担う電力用半導体、パワーデバイスです。

パワーデバイスは、基本的な動作原理はメモリ、マイコンなどの弱電分野の半導体デバイスと同じですが、より高耐圧・大電流を制御する必要があり、高温や激しい振動といった過酷な環境にさらされるケースもあります。また、高度な安全性が要求される自動車、重要な社会基盤である電力網といったミッションクリティカルな分野で利用されるために、パワーデバイスにはそれぞれの用途に応じたハイレベルの品質・信頼性・耐久性が要求されます。

このパワーデバイスの開発・生産技術、HV/EVや電力機器などへの応用技術において、現在、日本の製造業界は世界トップレベルにあります。ただし、弱電分野で用いられている半導体と異なり、これらのパワーデバイスには、業界標準の技術規格や品質管理方法などが、まだ確立されていません。パワーデバイスを使用する自動車メーカーや機器メーカー、あるいは半導体メーカーなどが、それぞれ独自の基準を設けて品質管理を行っている状況です。

品質保証面でも大きなメリットを発揮

日本の製造業界が、今後、このパワーデバイス、およびパワーデバイスを搭載した製品を、世界中のユーザーに提供し、安心・安全に利用していただくためには、各用途に応じたパワーデバイスの規格化・標準化を主体的に推し進め、第三者機関によって品質や安全性などを客観的に評価・認証する仕組みを早期に確立することが重要です。

将来、市場の拡大に対応してパワーデバイスの量産化・コストダウンを推進していく際には、各社独自の規格を採用するよりも、業界の標準規格に準拠した方がはるかに有利になります。また、品質保証面でも、業界標準のオープンな技術規格・検査に合格した「正規品」としての認証を受けることによって、製品に対する社会的信用が高まります。

さらに、環境技術への関心が世界的に高まるなか、現在、欧米をはじめ世界の有力企業がパワーデバイスの重要性に注目しています。日本の製造業が、パワーデバイス分野での競争力を今後も維持・強化していくためには、海外の有力企業とも連携を深めながら早期に標準規格を打ち出し、国際標準の規格策定においてイニシアティブを発揮することが大切です。

標準化を視野に入れ、技術交流や啓蒙活動を推進

業界や政府・関連機関などに標準化推進を働きかけを行うために、2010年10月、自動車メーカー、機器メーカー、半導体メーカーなどのパワーデバイス関連企業や民間団体、および公的機関などが中心となって「パワーデバイス・イネーブリング協会」が誕生しました。研究会は、発足以来、パワーデバイスの技術規格・品質計測方法の標準化を視野に入れながら、加盟会員による技術情報交換の促進や、パワーデバイスの信頼性向上・標準化の重要性についての啓蒙活動に取り組んでいます。

これまでに、東京(2010年12月)、大阪(2011年6月)、福岡(2012年2月)の3都市で「パワーデバイスセミナー」を開催。業界や公的機関の専門家をパネラーに招き、パワーデバイスを取り巻く市場展望や技術的課題、次世代パワーデバイス(SICデバイス)の可能性などについて、情報共有を図りました。さらに、2011年9月、2012年3月、5月に名古屋で開催した「パワーデバイス勉強会」では、「車載用パワーデバイスの信頼性評価」や「次世代パワーデバイス(SIC)の品質向上」などをテーマに、第一線の研究者にディスカッションしてもらい、課題の抽出や解決策を探りました。

環境技術の進化を支えるキーデバイス 環境技術の進化を支えるキーデバイス

検査技術の向上を目指してエンジニア検定制度の導入を予定

パワーデバイス・イネーブリング協会では、今後、組織体制の強化を図りながら、2015年頃の国際標準化を目標に、パワーデバイスの技術規格・品質保証基準の策定に取り組んでいきます。また、業界におけるパワーデバイスの品質検査レベル向上を図るため、「テストエンジニア検定」の実施などを通じて、各社の人材育成をサポートしていく計画です。さらに、経済産業省によるスマートコミュニティ実証実験が進められている福岡県北九州市など、実証プロジェクトに参加する地元企業や行政機関と連携して、地域産業の活性化に貢献していく構想も進めています。

パワーデバイス・イネーブリング協会は、設立目標であるパワーデバイスの規格化・標準化、パワーデバイスを用いた製品の普及促進を目指して活動を継続していきます。

アクセス

〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目6番2号 新丸の内センタービルディング
株式会社アドバンテスト内
E-mail:info@pdea.jp
URL:http://www.pdea.jp

協会へのアクセス

JR線 東京駅丸の内北口 徒歩5分
新丸の内センタービルディング 23階


大きな地図で見る

ページの上部へ